失敗しないプリザーブドフラワーの渡し方

失敗例 0 Comments

プリザーブドフラワーは枯れない花としてプレゼントに人気があります。
しかし枯れずにずっと手元に残ってしまうため、TPOに合わせて花を選ぶようにして下さい。

失敗しない渡し方とは

まずプリザーブドフラワーをプレゼントとして渡す時、いつ、どこで、だれに、どのような理由で、どういうふうに渡すのか。
この5つを明確にしておく事が大切です。

例えば母の日にプリザーブドフラワーをプレゼントする場合なら、母の日に、自宅で、母に、日頃の感謝を込めて、ケーキと一緒に渡す。
というふうに具体的にイメージが出来ますよね。
母の日なら緊張もしないでしょうし、お母さんも子供からのプレゼントに喜んでくれるでしょう。

渡し方の失敗例とは

しかし、これが好意を持っている女性にプレゼントする場合は話が違ってきます。
例えばデートの時にプレゼントする場合、待ち合わせ場所で渡してしまうと、その後ずっと花束を持ち続けなければいけません。
それって、注目を浴びてしまいますし、また手が塞がってしまって不便ですよね。
この場合はプレゼントするタイミングが悪く、相手も素直に喜べないかもしれません。

また好意を持っている相手から、プリザーブドフラワーをプレゼントされると嬉しいと思います。
ですが、告白をする時にプリザーブドフラワーを渡すのは止めましょう。
生花であれば、告白を断った場合でも花は花として、飾ってくれるかもしれません。
しかし好きでもない相手から告白の際にもらったプリザーブドフラワーを何年も自宅に飾るというのはちょっとどうかと思いますよね。