何十年も同じ姿をキープするお花

技術力 0 Comments

プリザーブドフラワーをプレゼントに、渡した事がある人も少なくないでしょう。
花束をプレゼントされて、嫌な気持ちになる女性はいません。
しかし花の命は短いですよね。小まめに水を変えても1週間前後しかもちません。
ですがプリザーブドフラワーなら綺麗な花が何年も、何十年も同じ姿をキープする事が出来るのです。
すごい技術だとしか言えませんよね。

長期間日持ちするという点

プリザーブドフラワーの魅力はやはり、特殊な技術を花に加工する事で、花が枯れずに綺麗な姿形のまま保つ事が出来るという点です。
その日持ちする期間は花の種類や、技術力によって差がありますが、それでも通常の花よりはかなり長い期間見て楽しむ事が出来ます。
また花を見るのは好きだけっど、花粉が落ちるのは嫌だ、香りが強すぎると、部屋の中に香りが充満するのが苦手。
そんな人もいるでしょう。その点プリザーブドフラワーは特殊可能により、見た目は新鮮な花でありながら、花粉が落ちる事も香りが香る事もありません。
花のメリットだけを甘受し、デメリットを失くしたため、ある意味完璧な花だと言えるのではないでしょうか?

生花よりも生花らしい

不思議な話特殊加工を施したプリザーブドフラワーは生花よりも生花らしく見えます。
それはなぜかというと、一番旬で新鮮な瞬間で時を止めてしまうためです。
そのため生花よりも、新鮮で、生花よりも綺麗です。
造花のように、不自然な色になりませんし、生花を固まらせる訳ではなく、柔らかい質感が残ったままです。
本物よりも本物らしいというと不思議に思うかもしれませんが、一目見てもそれが生花なのかプリザーブドフラワーなのか区別はつきません。
なのに、長期間日持ちして楽しむ事が出来るから凄いですよね。