プリザーブドフラワーの誕生と技術の進歩

プリザーブドフラワーとは枯れない花の事です。
私たちは太古から花を愛でる文化があります。
好意を持っている女性に対して、綺麗な花束をプレゼントして好意を伝える男性の行為は世界共通なのではないでしょうか?
しかし花の命は短いものです。
せっかくもらった花束も、数日たては元気がなくなり、枯れてしまいます。
花は散るからこそ美しい、長年そう考えられてきました。

プリザーブドフラワーの誕生

プリザーブドフラワーの歴史は浅く、まだ世に誕生してから20年の年月しか過ぎていません。
しかし20年前にプリザーブドフラワーを始めて見た人は、最初自分の目で見てもなかなか信じる事が出来なかったのではないでしょうか?
花が枯れずに、ずっと同じ姿形を保つ事が出来るのです。
まさに長年夢を見た枯れない花の誕生です。
当然プレゼントに最適だと話題をさらい、世界中でプリザーブドフラワーがプレゼントとして贈られるようになります。

プリザーブドフラワーの技術の進歩

もちろん、プリザーブドフラワーの技術は20年前と比べて画期的に進歩しています。
プリザーブドフラワー初期のものと比べると、現在のプリザーブドフラワーはより生花に近い状態を保つことが出来ます。
そして最初は数年だった期間も、今では数十年もの長い年月姿を変えずにあり続ける事が出来ます。
若い頃にプロポーズされた時の花束が、結婚生活10年、20年たった時もあの頃のままの鮮やかさで食卓を彩るなんてロマンチックですよね。