プリザーブドフラワーのこんな時どうすればいいですか?

対応や処置など 0 Comments

プリザーブドフラワーを綺麗な状態のまま保存したいのに、花びらに切れ目が出来てしまったり、色あせてしまったり。
そんな時どうすればいいのでしょうか?元の綺麗な状態に戻す事は可能なのでしょうか?

花びらに切れ目が出来た場合

花びらの先端は特に傷が付きやすい部分です。
そのため、直接手で触れたりしなくても、花びらに切れ目が入る事は実はよくある事なのです。
そのままでは切れ目が入った=劣化したと一目でバレてしまいます。
しかし、切れ目が入った花びらを綺麗な状態に戻す事は出来ません。

なので、目立たないように誤魔化すといいでしょう。
一番簡単な誤魔化し方は、割れた部分をハサミで丸くカットする事です。
全体の花びらの形が不自然にならないように、ゆるやかなカーブに合わせてカットすると、最初からそういう形の花びらだと見た人は思ってくれます。
他にも、切れ目の部分をハートの形にすると、あえてハートの形にアレンジしたように見えます。

色あせた花びらは元に戻る?

直射日光などに当たり、プリザーブドフラワーの花びらが色あせてしまう事があります。
色あせた花びらを元に戻す方法はないわけではありません。
色あせた花びらは一度バラして分解し、専用の染色液で染め直し、乾燥させて、花びらをテーピングするという方法です。
しかしながら細かい手作業となるので、プロなら可能ですが、素人にはなかなか出来ません。
そしてプロに頼むと、かなりの料金がかかってしまいます。