花のある日常をプリザーブドフラワーがお手伝い

花のある日常って素敵だと思いませんか?

例えばキッチンのテーブルや、玄関に花を飾ると、家の中が一気に華やかになりますよね。
なるべく意識して花のある日常を演出しようと思っても意外と大変です。

花のある日常は大変

その理由はやはり手間がかかるからです。
生花の場合は、小まめに水を変えても、数日すると元気がなくなってしまいます。
枯れたらまた新しい花を花屋で購入する。
その繰り返しの場合、1ヶ月単位で考えると結構花代が負担になってしまうでしょう。
そのため、なかなか花を飾る日常生活をキープするのは難しく、自宅に花瓶がないという人も少なくないでしょう。

プリザーブドフラワーなら負担がない

生花だと花のある日常をキープするのは難しいですが、プリザーブドフラワーの場合は簡単です。
なぜなら1度購入すると、同じ姿形のまま数年から数十年もの長い間綺麗な状態で楽しむ事が出来るからです。
まさに枯れない花ですし、数年から数十年も飾れる事を考えるとコストパフォーマンス的にもお得です。
しかも水を変えるなどの手間は一切かかりません。
ただ飾って、花を愛でる事が出来、造花のように味気なくなりません。
記念日に1つ1つプリザーブドフラワーの花束を増やして、花の溢れる家なんて素敵ですよね。

日本人は昔から花が好き

日本人は昔から花が好きな国民です。
例えば万葉集や古今和歌集を見ても、桜や梅の花を歌った歌が数多く残されています。
また日本の季節は四季があり、四季折々の花を愛でる事が出来る環境が身近にありました。
そんな昔から花が好きだという想いがDNAに刻まれているのかもしれませんね。

花をいつでも愛でられる

しかし今日の日本では、都心部になると自然な身近なものではなくなりました。
ですが、花が好きだという気持ちは変わる事はありません。
だからこそ、春に桜の季節になると、大勢の人がお花見を楽しむのでしょう。
でも、もっと身近に花に触れていたい、そう思う人も少なくないはずです。
だからこそ、プリザーブドフラワーは多くの日本人に受け入れられたのでしょう。

プリザーブドフラワーがより身近にある生活

しかしプリザーブドフラワーは価格が高いから、ウエディングブーケやプロポーズの花束など記念に残る時だけ利用する。
そんな人も少なくないでしょう、またプリザーブドフラワーにはさぞかし高度な技術が必要なんだと思いますよね。
ですが最近は自宅で簡単にプリザーブドフラワーを作る事が出来ると知っていますか?
専用の液体を垂らすだけで、簡単に自分の好きな花をプリザーブドフラワーにする事が出来るのです。
その専用の液体も1本1500円程度で購入する事が可能です。これならもっと身近にプリザーブドフラワーを楽しむ事が出来ますよね。

プリザーブドフラワーの技術

ネアンデルタール人は洞窟の壁画から、死んだ人を埋葬する際に花を添えていたのではないか?と考えられています。
それぐらいはるか昔から人類は、花を愛でる習慣があった事に驚きますよね。
そして花はすぐに枯れてしまい、儚い命だからこそ美しいわけです。
しかし美しいからこそ、そのままの形で残したい、枯れない花を作る事は長い間人類の夢物語でした。
ですが今日技術の進歩により、プリザーブドフラワーと呼ばれる枯れない花が存在します。
ではなぜこのプリザーブドフラワーだと、花は枯れずに、その美しい姿形を保つ事が出来るのでしょうか?

保存する技術

まずプリザーブドとは「保存」という意味の言葉です。
つまりプリザーブドフラワーとは「保存した花」の事です。
一見生花と同じように見えるのは、生花の組織のまま保存されているからです。
ただし保存の際に水分のままでは花は通常通り枯れてしまいます。
そのため水分を特殊な加工で抜き、水分の代わりにプリザーブド液を加えます。
その液体に、枯れない秘密が隠されているため、まるで生花のような状態のまま枯れずに美しさを保存する事が出来るのです。

プリザーブドフラワーの教室も人気

最近ではプリザーブドフラワーをネットで購入する事が出来たり、花屋さんで取り扱うお店も増え、気軽に購入出来るようになりました。
またプリザーブド液を使用すれば、特別な技術がなく素人でも簡単にプリザーブドフラワーを作る事が可能です。
そのためプリザーブドフラワーの教室に通い、自分でプリザーブドフラワーを作る人も増えています。

プリザーブドフラワーのアレンジを楽しむ

プリザーブドフラワーはプレゼントに非常に人気があります。
花束を贈った場合、せっかくプレゼントをしても1週間もすれば花束は枯れてしまいます。
つまり食べたらなくなるモノと同じように、形の残らないプレゼントでした。
しかしプリザーブドフラワーなら形の残るプレゼントとして花束を渡す事が可能です。

花束やブーケでプリザーブドフラワーを楽しむ

プリザーブドフラワーの一般的な楽しみ方は、花束やブーケ、もしくは綺麗なケースにプリザーブドフラワーを詰めた状態のものです。
つまり花とは見て楽しむものという概念では、生花となんら違いはないわけです。
ただ生花との違いは、その時間です。
生花で短い花の命を楽しむのか、それとも、プリザーブドフラワーで長期間楽しむかの違いです。
しかし最近はプリザーブドフラワーは生花とは違った楽しみ方をする人が増えてきています。

プリザーブドフラワーをアレンジして楽しむ

それはプリザーブドフラワーをアレンジして楽しむのです。
例えば小さいサイズのバラをプリザーブドフラワーにして、イヤリングなどのアクセサリーを作ります。
生花ならすぐに枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーならイヤリングとして長い期間楽しむ事が可能です。

またプリザーブドフラワーをコサージュとしてつけるのもいいでしょう。
コサージュは、洋服にアクセントとして付けたり、カバンに付けたりしても可愛いですよね。
他にもヘアゴムにつけてヘアアクセサリーにすると、パーティドレスを着た時にヘアスタイルも華やかになるでしょう。
そんなふうにプリザーブドフラワーはいろんなアクセサリーとして楽しむ事が可能です。

プリザーブドフラワーの活用方法

プリザーブドフラワーは20年前にヨーロッパで誕生した技術です。
近年日本でも人気が高まり、その知名度は高くなりつつありますが、やはりヨーロッパでの方が知名度は高いと言えるでしょう。
ではそんなプリザーブドフラワーはどのような場面で活用されているのでしょうか?

海外では空港で活用

例えばヨーロッパではプリザーブドフラワーが空港で活用されています。
空港で?と不思議に思うかもしれません。
しかし空港はその国のゲートですから、おもてなしという意味も込めて、その国の名産の花が飾られていたりします。
日本でも生花や観葉植物が飾られている空港も少なくないでしょう。
ただ生花だと水をやったり、水を変えたりと手間がかかる上に、すぐに枯れてしまうので、買い替えなければいけません。
ですが、プリザーブドフラワーの場合は、枯れないで綺麗な状態のままですから、手間がかからず空港の経費も削減できるというわけです。

プリザーブドフラワーは花よりも花らしい

プリザーブドフラワーが人気の理由は、手間がかからない、長持ちするという事ももちろんあります。
しかしそれ以上に生花よりも綺麗という点があげられます。
元は生花を原料として作られているので、生花と同じぐらい綺麗というのなら分かりますが、生花より綺麗なのはなぜ?
不思議に思うかもしれません。しかし生花を書こうする際に、より鮮やかな色に着色する事が出来るからです。
そのため生花よりも色鮮やかで、華やかなのでより美しいと感じるのです。